CSR

CSR基本方針

  1. 三井物産プラスチックの社会的な存在意義を常に認識し、環境との関わりを強く意識し、誠実な活動を展開することで、会社としての価値を持続的に向上させます。当社は、「積極健全な経営」を実践しながら機能を磨き、成長戦略を加速させることを通じて企業価値の一層の向上を図ってまいりますが、ステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションと説明責任の徹底を通じて、より良い信頼関係を築いていくことで社会的責任を果たしていきたいと考えています。
  2. CSRに関する社員一人一人の意識を高め、内部統制を徹底することで、CSR実践のための経営基盤を固めます。そして社会に積極的に貢献します。
  3. CSRに関わる説明責任を果たし、継続的にCSR活動の向上を図ります。

CSR行動指針

環境と安全への配慮
  • 「美しい地球の保全と人に優しく」を基本に、環境と安全に配慮した企業行動に徹します。
  • 廃棄物の減量とリサイクルに努め、省資源・省エネルギーを推進します。
公正で透明性のある企業倫理
  • 健全で公正な企業倫理を重んじ、ステークホルダーから信頼される企業行動を徹底します。
  • 社会とのコミュニケーションを重視し、相互理解のために情報開示を積極的に行います。
 
PAGE TOP