三井物産プラスチック株式会社 新卒採用情報サイト

Realize your dreams .

ビジネスストーリー Vol.1

情報を武器により付加価値の高いフィルムを提供する -台湾、中国での展開を加速するスマートフォン向けタッチパネル部材の販売-

  • スマホの普及に伴って急速に増えたタッチパネル向け部材の取り引き

信頼性の高い日本製フィルムを台湾のパネル加工会社へ

KIMURA木村浩司は入社以来、液晶パネル関連のフィルムに携わってきたが、2009年の春頃から、とくにタッチパネル向けのフィルムを扱うことが目立つようになってという。アメリカでのアップルのiPhone発売が2007年、グーグルのAndroid端末の発売が2008年で、木村のビジネスの変化はまさにスマートフォンの世界的な普及と軌を一つにしている。
「タッチパネルには、指が触れたことを感知することで電流を流すフィルムがあるのですが、そのフィルムを傷から守る"コーティングフィルム"が最初の主な商材でした。当時、ベースとなるペットフィルムの上に数ミクロンの薄さで、しかも均等に特殊液を塗る技術は日本のメーカーにしかなくて、そのコーティングされたフィルムを台湾のパネル加工会社に販売していました。私自身、毎月台湾に出張して新規顧客の開拓に努めましたが、何よりもスマートフォンの急速な普及のおかげで、最盛期には月の販売金額が当初の10倍ほどまで伸びました」

後続メーカーのキャッチアップを想定し、常に次を考える

ミクロンの世界の話であり、コーティングの均一性や傷、不要な残留物の有無などは一見してわかるものではない。しかしパネルを納めた後の工程で厳密な機械による受入検査があり、そこで不良が見つかればはじかれてしまう。その部材を納めたパネル加工会社の信頼にも関わるため、木村の紹介する「間違いのない」日本製のコーティングフィルムは引っ張りだこになったのである。
KIMURAしかし、後続の会社が技術力を高め、いつかキャッチアップされるのはこの業界の常。3年も経たないうちに木村が扱ってきたものと同様の品質を備えたコーティングフィルムが韓国や台湾、中国のメーカーからも供給されるようになった。価格競争も厳しさを増し、従来のままでビジネスを続けるのは難しくなった。もちろんそれは木村も想定済みで、すでに国内のコーティングメーカーに対して、新たな付加価値を持ったフィルムの開発を提案し、推し進めていた。
「詳細はお話できないのですが、コート面の上にさらに数層のコーティングを加え付加価値を高めたものです。コーティングフィルムの営業活動で台湾のパネル加工会社を定期的に訪問し、スマートフォンの販売が急速に伸びる中国本土にも足を運んで市場の動向を読み、他社の先を行くフィルムとして日本のメーカーに開発を提案しました」