三井物産プラスチック株式会社 Mitsui & Co. Plastics Ltd.

LanguageJP

News ニュース

2022.03.08
ニュースリリース

ISCC PLUS 認証(国際持続可能性カーボン認証)の取得について

三井物産プラスチック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森克則、以下「三井物産プラスチック」)は、持続可能な製品の国際的な認証制度の一つであるISCC PLUS認証を取得しました。

ISCC(International Sustainability and Carbon Certification)は、世界初のバイオマス、バイオエネルギーの国際持続可能性カーボン認証制度です。ISCC PLUS認証は、マスバランス方式※1で製造されたバイオマス原料や再生原料等の製品をサプライチェーン上で管理・担保する認証制度として、EU域外を含む全世界の製品が対象となり、三井物産プラスチックはISCC PLUS認証の取得により、当該認証製品の取り扱いが可能となりました。

三井物産プラスチックは、地球環境保全の観点から、環境方針・目標を掲げ、定期的にその評価・見直しを行なっています。また、環境負荷の少ない原料・製品を積極的に取り扱うことで環境破壊・汚染の予防に努め、環境マネジメントシステムを構築すると共に、その継続的な改善に取り組んでいます。今後、ISCC認証製品の取り扱いの拡大を通じ、地球環境の保全と暮らしの安全に配慮しながら、ステークホルダーの皆様からより一層信頼される企業活動を目指します。

※1:紙など多様な業界で適用されている物資収支方式。バイオマス由来等の持続可能な材料と、石油由来等の非持続可能な材料が含まれている製品の管理・計算が可能となり、主に複雑な生産工程を持つサプライチェーンのバイオマス・カーボンニュートラル化推進のため活用されています。なお、バイオマスとは植物や動物などに由来する再生可能な資源を指し、持続的に使用することが出来ます。

【お問い合わせ】
三井物産プラスチック(株)
産業材料本部 バイオ樹脂ユニット 古賀
TEL:03-6328-5129
メール:Shinic.Koga@mitsui-plastics.com

Back