プラスチックの未来を考える情報サイト PLAS MIRAI+

  • picTOP>
  • 素材を知る>
  • シリコーンシーリング材がインフラ改修の救世主に

シリコーンシーリング材が
インフラ改修の救世主に

国を挙げてインフラ長寿命化への取り組みが進む中、新材料の選定の動きも活発化しています。
そこで注目されているのが、土木業界で一般的なの有機系シーリング材と比べ
「寿命が4倍超」と言われるシリコーンシーリング材。その特長や導入のメリットを紹介します。

まずは相談する

PROBLEM

PROBLEMこんな悩みはありませんか?

  • pic
    コストを安く抑えながら
    50年、60年ともたせる方法は?
  • pic
    インフラ長寿命化計画の
    「新材料」を検討したい
  • pic
    簡単に補修できる
    シーリング材はないか?
  • pic
    長寿命化を実現したい。
    でも手間は掛けられない
pic

すべてダウ・東レ
シリコーンシーリング材
解決できます。

pic

BENEFIT耐久年数50~60年。
シリコーンシーリング材の仕様化が、
インフラ長寿命化の鍵となる

  • pic

    長寿命化の課題は
    シーリング材にあり

    進むインフラの老朽化。改修・メンテナンスが急務

    令和3年に国土交通省によって策定された「インフラ長寿命化計画(行動計画)」。同計画では、既存インフラ設備の改修工事において長寿命化を実現する新材料を使用し、持続可能な地域社会の形成を目指すことが推奨されています。

    5〜10年で劣化!?シーリング材の寿命不足

    しかし現在の農業用水路・ダム・橋梁等の工事で使用されるシーリング材は、ポリウレタン系や変成シリコーン系の有機系材料がほとんど。つまり40年保つと言われる躯体に比べ、シーリング材の耐久性は約5〜10年ほど。改修工事を進めるうえで、このシーリング材の寿命不足がクローズアップされています。

  • pic

    初期コストのみで
    メンテナンスフリー

    寿命が5倍超のシリコーンシーリング材

    このまま材料の見直し無しで工事を進めた場合、遅くとも10年後には補修工事が発生することが明らか。そのような事態を避けるために、土木関係者の皆様に知っていただきたいのが、シリコーンシーリング材です。有機系材料と比べて寿命は5倍をはるかにしのぐ長さで、建築業界においては圧倒的なシェアを誇るなど、確かな性能と実績を残しています。

    持続可能なインフラメンテナンス

    さまざまな優位性によって、インフラ設備の長寿命化をかなえるシリコーンシーリング材。また今後約10年に1度の補修工事が無くなれば、必要なのは初期コストのみでメンテナンスフリー。トータルコスト削減にも貢献できます。持続可能なインフラ設備の実現に貢献する“新材料”、それがシリコーンシーリング材なのです。

  • pic

    シリコーンシーリング材の優位性

    耐久性と耐候性で違いを生む

    シーリング材は、24時間365日、高温、低温、風雨にさらされるため、耐候性が長寿命化に直結します。その点、ダウ・東レのシリコーンシーリング材は10,000時間に及ぶキセノン耐候性試験で性能を実証済み。長時間紫外線や雨風にさらされても性能がほとんど変化せず、外部環境による素材の劣化が少ないのが特長です。

    必要不可欠な性能である追従性と温度適性

    強い力が加わった際に材料が伸びても破断しない、いわゆる追従性はシーリング材の性能として欠かせません。この追従性で有機系シーリング材と比較した場合も、シリコーン材料に軍配が上がります。また有機系は低温度帯で硬くなってしまうのに対し、マイナス40℃から150℃までの温度帯でも物性を維持することができるなど、使いやすさも大きな特長です。

参考
10,000時間の
キセノン耐候性試験結果

  • pic
  • pic

※SE 980 Aカタログより抜粋

参考
マイナス40℃環境での
追従性グラフ

  • pic
  • pic

※SE 980 Aカタログより抜粋

pic

シリコーン製品ならダウ・東レ
最先端の研究に基づく確かな実績

ダウグループのシリコーン事業における日本拠点

米国で生まれ、126年の歴史を持つダウグループ。ダウ・東レは日本における50年以上の事業展開で培ったケイ素関連技術に関する膨大な研究開発、製造知識によって、シリコーン技術の世界的リーダーとなりました。その技術はモビリティ、コンシューマー・エレクトロニクス、建築・インフラ、ホーム・パーソナルケアなどの幅広い分野でソリューションを提供しています。

PRODUCTS 製品紹介

pic

01 インフラ施設全般向け
DOWSIL™ SE 990 INFRA 2成分形
アルコール型

ワーキングジョイント部への最適解。
四季を通じて安定的な硬化を実現

  • インフラ設備は目地がネック。
    優れた耐候性でヒビ・割れをクリア

    温度や湿度変化により、劣化が不可避なワーキングジョイント部。だからこそ、耐久性、耐候性にはこだわりたい。本製品は新幹線の線路のような動的疲労の強いインフラ設備でも、ヒビ・割れが少ないのが特徴です。汎用性が高いため、あらゆる場所の目地止水にご使用いただけます。

    pic

    打設幅:20mm・試験荷重:122kg
    結果:伸長40mm(20mm→60mm)

  • 気温の変化に邪魔されない。
    だから作業時間も短縮できる

    気温が低い冬場の使用でも、硬化促進剤を必要とせず、しかも短時間で硬化します。そのうえ、高温多湿の夏場でも硬化遅延材を必要としないという優れもの。気温の変化に強いから、工事の作業時間も計画しやすくなります。人手不足の現場にとっては無視できない特長です。

    pic
pic

02 農業水利施設向け
DOWSIL™ SE 980 A 1成分形
アルコール型

農業用水路の品質規格に適合*
水路やため池などにも高い止水性
*農業水利施設の補修補強工事に関するマニュアル[開水路補修編](案)の目地充填工法に使用する材料工法の品質規格

  • 水場の厳しい条件でも高水準。
    1成分形だから混合作業も不要

    農業水利施設の補修・補強工事には、品質が認められたシーリング材のみ使用することができます。本製品は厳しい規格に高水準で適合しているため、水場でも長期間劣化せずに性能維持が可能です。また、1成分形なので現場で混合する手間もなし。短時間で手早く作業が完了します。

    pic
  • マイナス40℃でも変わらぬ追従性。
    農地の多い寒冷地でこそ使いたい

    農業用水路の問題は、コンクリート中の水分が凍結・融解を繰り返すことで、目地にひび割れや剥離が発生しやすいこと。さらに水路背面の地下水による圧力もあるため、シーリング材には高い止水性と追従性が求められます。本製品はキセノン耐候性試験10,000時間、伸縮追従性試験14,600回(40年分相当)を繰り返し、マイナス40℃の環境でも常温と同様の伸びが可能であると証明されています。

    pic
pic

03 伸縮装置向け
DOWSIL™ 902 RCS Silicone Sealant

伸びやすさと伸び率で先を行く
伸縮装置の水漏れ防止にはこれ一択

  • 動的負担の多い道路や高架。
    躯体への追従性がカギに

    高速道路のように常に大きな負荷がかかるインフラ設備には、シーリング材の追従性が最重要課題。11,000回もの耐久性能試験に耐えた本製品は、伸縮の繰り返し後でも一切の損傷・亀裂等がないという、脅威のしなやかさを発揮しました。道路や高架などの伸縮装置に最適と言えます。

    pic
  • 流動タイプだから施工も容易に。
    急速硬化で時間短縮に貢献

    工事現場の人手不足対策は必須の時代。簡単に施工できて工期を短縮したいなら、シリコーンシーリング材はベストな選択です。本製品は流動タイプなので、専用のスタティックミキサー付充填ガンを使用することで、誰でも作業が可能。セルフレベリング機能があり、高い技術を必要としないため、現場の負担も減らせます。

    pic
CONTACT

インフラ設備の
長寿命化の課題を解決

シリコーンシーリング材の優位性が採用の決め手に

まずは相談する

SOLUTION 各種シリコーンシーリング材総販売元
三井物産プラスチックにできること

  • pic

    Solution.1 販売30年以上。お問わせ窓口も

    三井物産プラスチックは、ダウ・東レ製品を販売して30年以上。豊富な製品知識を持ちあわせています。購入前の問い合わせ窓口もご用意して、シリコーンシーリング材の普及を推進しています。

  • pic

    Solution.2 受注から納品まで万全のサポート

    ダウ・東レ製各種シーリング材の受注から納品まで、三井物産プラスチックで一括管理。納品後も万全のサポート体制で、サービスをお届けします。

  • pic

    Solution.3 導入実績を情報提供

    ダウ・東レ製各種シーリング材は、ライフサイクルコストの低減を目指す自治体、建設コンサルの皆さまに認められ、多くの実績を積み重ねています。こちらにてダウンロード資料としてご用意しました。

CONTACT

シーリング材の
豊富な実績と製品知識

三井物産プラスチックまで気軽にお問い合わせを

まずは相談する

ADVANTAGE三井物産プラスチックが選ばれる
3つの理由

  • 01素材を知り尽くした
    プロ集団

    私たち三井物産プラスチックの取り扱いアイテム数は3,000種類以上。合成樹脂(プラスチック)や化学品、機械などをグローバルに扱う化学品専門商社として、そしてあらゆる素材を知り尽くしたプロ集団として、さまざまな分野における産業的課題の解決策を提案しています。

    pic
  • 02三井物産グループの
    ネットワーク

    化学品専門商社としての技術力とノウハウを結集し、三井物産株式会社が持つ総合力もフルに活用。お客様の多様化するニーズにお応えするべく、世界中に展開している100を超える海外拠点と一体となって事業を展開しています。

    pic
  • 034,000社を超える
    取引パートナー

    国内メーカーを中心に、取引先は4,000社以上。国内産の樹脂材料は、そのほとんどを三井物産プラスチックで調達可能です。ビジネス課題を解決する新しい素材のほか、ニーズに合った樹脂、塗料、加工パートナーをご提案します。

    pic
Back to TOP

当社のウェブサイトは、利便性、品質維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。
Cookieの利用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押してください。